読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

set -u : 未定義の変数を使用しようとしたらエラーにする

typoなんてのは普段よくあることで、そいつに無駄な時間をとられてしまうことが日常茶飯事だ。

#!/usr/bin/env bash

MY_NAME="Miku"
MY_BIRTHDAY="10/19"
MY_HOBBY="Dance"

echo $MY_NAME
echo $MY_BIRTDAY
echo $MY_HOBBY

上記の出力結果はどうなるだろうか。上から"Miku" "10/19" "Dance"と表示されそうなものだが、実際はこうなる。

Miku

Dance

MY_BIRTHDAYが出力されていないが、これは変数名を入力し間違えているから。
こういうtypoに気付きやすくするために、set -u を指定すると良い。

#!/usr/bin/env bash

set -u

MY_NAME="Miku"
MY_BIRTHDAY="10/19"
MY_HOBBY="Dance"

echo $MY_NAME
echo $MY_BIRTDAY
echo $MY_HOBBY

上記を実行すると、以下のようなエラーとなり、該当箇所で変数を入力し間違えていることに簡単に気づける。

Miku
miku.sh: line 10: MY_BIRTDAY: unbound variable

ただ、定義済みと思い込んでいた変数をうっかり使ってしまい上記のエラーに遭遇する場合も多々ある。例えば

#!/usr/bin/env bash

set -u

PERLLIB=$PERLLIB:$HOME/mylib

...

PERLLIB は Perl においてモジュールパスを指定する環境変数だが、常に定義済みとは限らず、Perl を普段から使っている人だと未定義の場合でもつい上記のように使ってしまいエラーに遭遇しやすいかもしれない(*1)。その場合は問題の箇所のみ set -u の宣言前に移動するとよい。

(*1) 昨日のオイラ